見出し画像

地方在住フルリモート、1年経ってどうですか?【ミーク社員インタビュー】

こんにちは!ミーク広報です。
テレワーク制度を導入しているミークには、地方で暮らしながらフルリモートで働くメンバーも在籍しています。今回はそんなフルリモートでの働き方について、ソフトウェアエンジニアとして2023年3月に入社した田代さんに聞きました。
※現在、フルリモート勤務は特定組織および特定職種に限ります。

気になっていたハンバーガー 🍔
苦戦しながらもなんとか完食しました…!

技術運用本部 / 田代 祐一
福岡県出身、兵庫県尼崎市在住。大学院卒業後、大手メーカーに新卒で入社し、主に通信システム開発に携わるソフトウェアエンジニアとして従事。2023年3月ミーク株式会社に入社。趣味はゲームで、MMO RPGやスマホゲーをこなしつつ、新作ゲームを買いあさる日々。完全栄養食に興味をもって数か月間昼食で食べ続けてきたが、段々飽きつつある。

──まずは田代さんの業務について教えてください。

2023年3月に入社し、技術・運用部 システム課に所属しています。その中でソフトウェアエンジニアとしてMVNE事業向けに運用しているシステムの開発・運用を担当しています。ゆくゆくはサービスとしてのMEEQの開発・運用にも携わっていく予定です。

ミークで行っている事業のひとつであるMVNE事業では、多数のMVNO事業者様向けにサービスを提供しています。このサービスを担っているバックエンドのシステムの開発・運用を全般的に担当しています。新たなサービス追加や、既存機能の保守開発、新規事業者追加への対応、システムアラートへの対応などもしています。

──田代さんはこれまでも通信業界でキャリアを積んでいらっしゃいますね。

前職には新卒で入社し、10年ほど所属していました。通信インフラに関わるシステムや、IoT通信を行うためのゲートウェイ装置などの開発にソフトウェアエンジニアとして携わってきました。肩書上はソフトウェアエンジニアで、ソフトウェアの設計やコーディング、テストといった業務が主でしたが、営業と同行してシステム提案を行ったりだとか、開発したシステムを納入するために海外のお客様のもとへ行脚したりだとか、様々な経験を積むことができました。

──ミークへの入社以前、転職活動はしていたのでしょうか。

実のところ強く転職を意識していたというわけではなく、よさそうなところがあれば転職も一つの選択肢としてありかな、ぐらいの気持ちで考えていました。
一方で、前職では関西に家庭を持ちながら東京で単身赴任をしていたので、家族との時間が取れなかったりといろいろと大変なことがあり、どこかでこの状況は変えたいという思いはありました。

そんな中でご縁があってミークと出会い、フルリモートで働かせていただけるという条件や、事業面、携わらせていただける業務内容などが自分にマッチしそうだと思い、入社させていただきました。
もともと自分が通信やIoTに関連する事業に携わっていたこともあり、これまでの知識・経験が生かせそうだなと思ったことと、ソフトウェアエンジニアとして今後のキャリアを考えたときに、事業としてすでに運用されているシステムにおいて、インフラに近いところからアプリケーションまで幅広く携われるところが利点になるなと思ったことも決め手になりました。

──実際にフルリモートで働いてみていかがでしょうか。

職種的にもリモートはやりやすいですし、他にもフルリモートで働いているメンバーがいたり、メンバーの大半がリモート中心の勤務形態なのでそこまで不便は感じません。
むしろ、デスク周りの環境も自分の働きやすいようにできますし、通勤がなかったり、裁量労働制ということもあって非常にフレキシブルに働けています。

コミュニケーションについては、メンバーがSlack等のテキストベースなコミュニケーションに慣れているのでそこまで課題には感じていません。成果物のやりとりもGitHubなどのツールを利用してやり取りしていますし、インフラも徐々にクラウドへ移行しつつあるため、リモートだからできない、というところはほとんどないように感じています。

私生活でいうと、子供との時間が増えたり、慣れ親しんだ土地にいるので、住みやすさと言いますか、友人も関西の方が多いのでプライベートも非常に充実しています。

──反対に、フルリモートで困ったことなどはありますか。

あえて悪い面を言うとしたら、ちょっとした雑談がしづらいとか、ちょっと飲みに行きましょうよ、みたいなコミュニケーションがほぼできないところでしょうか。割と飲みに行くのは好きなのですがなかなか機会がなく・・・。あとは全く家から出ないので、運動不足になりがちなのはなんとかしたいとは思っています笑

社員とのリアルなコミュニケーションに関しては、四半期や半年といった単位で不定期に会社の懇親会があったりするので、その時に交友を深めています。会ってみると印象がガラッと変わったり、他部署のメンバーもどんどん増えているのでいつも新鮮です!
※社内イベントに関する過去記事はこちら

──入社して約1年が経過しましたが、ミークのいいところなどを教えていただいてもよろしいですか。

働いている人の特色としては、みなさん改善マインドというか、現状で問題がある点は常に改善していこうということを常に考えていると思います。向上心があるので働いていて非常に刺激がもらえています。

事業的な面ではIoTプラットフォームというチャレンジングな事業と、MVNE事業という比較的安定した事業が相互に連携して成り立っているという面が魅力と感じています。

ソフトウェアエンジニア的な観点だと、それなりに年数を経て安定したシステムと、新規に開発された新しいアーキテクチャのシステムそれぞれに関われる点はメリットと感じています。利用いただいている規模と比較してエンジニアメンバーが少ないので大変なのは大変なのですが、比較的裁量ある中で対応できるため、やりがいはあると感じています。

あとはやはりリモート主体でフレキシブルな働き方ができたり、働き方に限らず「会社にとって、社員にとっていいことなら取り入れよう」という風土があるので、働くうえではそういったところもとても魅力的です。

──ありがとうございます。最後にミークへの入社を検討してくださる方へメッセージをお願いします。

最近出社回帰ということも言われていますが、ミークでは今もリモートで業務を行っているメンバーが多数いますし、遠方であればフルリモートにて業務に携わることができます。エンジニア的な観点では、技術スタック的としてオンプレ+クラウドのハイブリッド環境にJava/KotlinやPythonアプリケーションが動いており、モダンで最先端!なかんじでは必ずしもないですが、まだまだやること、やれることがたくさんあって、チャレンジングな環境だと思います。

新しいメンバーやサービスもどんどん拡充してきているので、これからのミークの成長を楽しみにしていてください!


今回はフルリモートでの働き方について、田代さんにお話を聞きました。

ミークには現在3名のフルリモートのメンバーがいます。社員とのコミュニケーションをとるうえで実際に会うに越したことはありませんが、それぞれが工夫を凝らすことで素晴らしい成果をあげてくれています。

社員それぞれに合わせた柔軟な働き方ができるのもミークの特徴です。

住んでいる場所に囚われず、私たちと一緒に「挑戦」していく仲間をこれかも探しています!

ミーク採用サイトはこちら

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

MEEQの機能やサービス、導入事例などが掲載されています。